読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簿記3級ポイント解説 第一回 -はじめに-

f:id:sainosai:20170422122116j:plain


みなさんこんにちは、プロフェッサー夏亀です。調子はどうですか?

昨日電車に乗っていたときのことです。学生と思しき女の子が2人、こんな事を話していました。
A「どうする、簿記。6月受けるの?」
B「うん、そうする~。だって間に合わないもん」
A「え~、どうしよう。ぜ~んぜんわかんないんだけど~」
B「私も全然そうだよ~」

全部聞いていた訳ではありませんが、こんな内容でした。意味不明な部分もありますが、おそらくは苦手な簿記で困ってるのだと想像がつきます。

簿記は知っていて勿論損はないですが、若い方の電車内での話題になるんだーと、思わずクスッとしました。

夏亀はもう随分と前に勉強しました。懐かしく思います。結構本気でやったなーなんて思い出して、これから受験する方の応援でもして、少しは社会のお役に立とうかななんて思いまして。

それで、そんな簿記受験生の方々に向けて、今日から不定期ではありますが、無料簿記講座を開講します。コンセプトは

「受かったも同然!超~簡単な受験簿記。簿記ってこんなにおもしろい!」

この記事を読んでくださっているみなさんは、高校・大学などの学生さん、社会人の方、主婦の方、仕事を一旦リタイアして次のスキルを探している方、単に受験趣味の方など色々なシーンで簿記試験合格を目指している方のはずです。

そうでなければこれ、読んでないですよね。「何だ簿記って。まだ食ったことないぞ。旨いのか?」なんて方もいるかも知れません(^^;)

そんな受験生の方々の貴重な学習時間の合間に、気軽に、それでいて「次の試験で必ず取るぞ!」という強い気持ちで読んでいただける内容にしていきます。

全ての試験範囲を網羅する事はしませんが、ここが分からない、そこ苦手、何のこっちゃ、ってところを厳選して講義します。

合格のためにやることは3つだけ。

1.今の学習に全力で挑む!
学校の授業がある方はその授業、通信講座を受けている方はその講座、独学の方はそのテキストをしっかり学習してください。
2.毎日やる!
例え15分でもいいですから、毎日簿記と触れ合ってください。簿記は、3日離れると忘れます。
3.プロフェッサー夏亀の講座「簿記3級ポイント解説」を軽~く読む。
軽~くってところが大事!

それでは始めましょう!

第一巻 ーはじめにー

簿記って何?ってところは省略でいいですね(^^)
英語ではbookkeepingと言います。早口で10回言うとボキになります(^^;) 冗談です

簿記での左右

我々簿記の世界では左を借方、右を貸方と言います。借りる貸すと言う漢字の意味は試験に出ません。気にしないでください。機械的に覚えてください。

借り方の「り」の字は左はらい、貸し方の「し」の字は右はらい。
で覚えてもいいですし、
貸借対照表の「貸借」の部分は左右逆。
と覚えてもいいですし、他に覚えやすい覚え方があれば、それで覚えてください。

簿記の目的

簿記の目的は2つ、貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)を作ること。これだけです。そのために全ての取引を仕訳します。仕訳ができれば、簿記の95%はマスターしたも同然です。仕訳ができない方を我々簿記の世界では、戯け(たわけ)と言います(^_-)

取引と言いましたが、普段の生活で使っている意味とは少し違う場面もありますが、ああ、そういうものなんだ。くらいに軽く思ってください。

簿記の取引に登場する要素は5つだけ。

資産・負債・純資産・費用・収益。全ての取引はこの5つの増減で表せます。
簡単に言うと、
資産は物か権利 お金とか車、貸したお金を返してと言える権利など。
大きな大きな豪邸を見て、「資産家だね~」なんて言いませんか?若い人は言わないか(^^;)

負債は義務 借りたお金を返さないといけない義務など。
「多額の負債を抱えて倒産」なんてニュース、目にしますよね。これ、返さないといけない義務を果たせなくて飛んじゃうんです。借りたものは返しましょう!

純資産は今は気にしない

費用は経費 スマホ代とか電車代とか食事代とか。
友達に旅行に誘われて、「お金いくらくらいかかる?」って聞くことあるでしょ。この、かかるお金のこと。なんか面白くないって感じ。

収益は収入 お店の売上とか、お金を貸して利息を貰ったり。
これはお金が貰えるんだから、もう面白いーって感じ。

そして、この5つの要素のホームグラウンドを覚えましょう。

資産はBSの←借方
負債と純資産はBSの貸方→
費用はPLの←借方
収益はPLの貸方→

この5つ、増えたらホームグラウンド側に書く、減ったらその反対側に書く。これ、ルール。
これ覚えるだけで、仕訳がすっごく楽になります。

そろそろ眠たいですね。
See you!

 

痛い話しです。心臓に毛の生えていない方はお気を付けください。

f:id:sainosai:20170419000633j:plain


みなさんこんにちは、ナツ亀です。お元気ですか? 

ナツ亀は痛いんです。 

元気なのですが、でも、痛いんです。
痛むんです、足の指が

ちょっと話しがそれますが、
夏亀をナツ亀にしてみました。

実は、夏亀、ナツ亀、夏カメ、ナツカメ、なつ亀、夏かめ…etc.
どれがいいのかまだ決められないのですが、訪れてくださる方のいない今のうちなら、色々と試せるかなと思い試行錯誤しております。

話しを戻しまして。

今朝のことです。
歩いていると痛いんです、右足の真ん中の指の先が。

また本題からそれるのですが、 
これ、中指と呼んでいいのでしょうか?
 と言うことは、その右隣は薬指?そして小指?
一番左の大きいのは親指?

ここまでは自分のなかでは特段問題になっていないのですが、問題はその次なんです。

二番目の指は人差し指?
???
人、差します?
足の指で。

差さないですよね、普通。

そうしますと、「人差し指」って言いづらいんです。
人差し指って言わないのなら、中指も薬指も言わないのかなって思ってしまって。

ん、あれ?
そもそもですが、足の指に「指」の字を使うのも、よくよく考えてみますと変ですね。
だって手偏ですよ、てへん、て・へ・ん
足なのに!?

外反母趾って聞いたことありますよね。
痛々しいですが、この言葉の中にヒントがありました。

母趾とは足の親指のことだそうです。
と言うことは、足のゆびは指ではなく趾なんですね。

やはり、中指は不正解のようです。

やっと話しが戻ってきました。
右足の第三趾の先が痛むんです。

そう言えば、昨日も痛かったような痛くなかったような・・・
帰宅するとそんなことはすっかり忘れてしまっていました。
お風呂上りにまた小さな痛みを感じましたので見てみると、なんと!

爪が縦半分に割れ、その片方がほとんど剥がれているのです!
血もにじんでいます。急に激痛に変わりました!!!

思いつく原因と言えば確か日曜日の夕方、家具に足をぶつけました。
確かに飛び回るほど、のたうち回るほど痛かったのを覚えておりますが、痛みは数分で納まり、まさか爪が剥がれているとは夢にも思わず、放置していたのでした。

痛いんです。ただただ痛いんです。
気が付いていなかったうちは大して痛くなかったのに。

とりあえずお風呂上がりできれいなはずですから、
丁寧に爪を切り短くして、ばんそこエイドで押さえてみました。

ズキズキします。ズキンズキンかもしれません。
なんともいや~な感じがしています。

ドクターに診てもらわなくても大丈夫でしょうか?

とりあえず怖いので今日はこの辺で。
Have a good day!

 

ハザード?車を運転中、道を譲ってもらったら、お礼の挨拶には四点出さないといけないの?

f:id:sainosai:20170422182547j:plain


みなさんこんにちは、夏亀です。お元気ですか?

毎日更新って簡単ではないですね。
これからリスタート!と3日前に宣言したのに、
昨日は投稿できませんでした。はぁ💦

めげずに頑張ります!

さて、今日、車を運転していて他の車に道を譲った際、
同乗していた若者がこう言うんです。

「お礼もなしか」って。
「えっ、手を挙げてたよ」と言うと、
「だってハザード出しませんでしたよ」ですって。

あれれれれれ~。

夏亀は普段からちょっと気になっていました。
自動車運転中のお礼の合図に四点使うことに。
道を譲ってもらったら頭を下げる、手を挙げる、ホーンを鳴らすまたはパッシングする。状況によってそれらを使い分けてきました。若いころから。
手を挙げる余裕のない場面では頭を下げる。とか、手を挙げても見えないような角度や夜などはホーンを鳴らす。とか。

確かに、車線変更などで前に入れてもらうと、パッシングは意味を持たないし、頭を下げても見えない。トレーラーからでしたら特にそうです。
そこで誰かが始めたんでしょうね、ハザードを使うことを。
とてもいいアイデアだと思いますし、最近は夏亀もそうすることがあります。

でも、左手を、左ハンドルなら右手を挙げればリアウインドウ越しに後ろから見えますし、余裕があれば窓を開けて手を出してもいい、ですよね。

夏亀的には、四点出すより手を挙げるほうが少し丁寧かなって思います。
しかしこれはあくまでも主観ですから、時の流れとともに常識も考え方も変わりますので、それを否定しているわけではありませんし、自分もそうすることがあります。

ただどうしても気になるのは、ハザード出しさえすればなんでもアリ、みたいな風潮になっているように思うんです。

無理やり車間のないところに急に割り込んでも、ハザードさえ出しておけば許されるみたいな、オールマイティな免罪符として使われると、それはちょっとどうかな?

「日本人は譲り合いの精神でマナーのいい安全運転」 というイメージを持っています。少なくとも夏亀はそう思っています。

これはおそらく標語か何かで、潜在意識の中にすり込まれている考え方だと思いますが、最近はそうは思えない場面によく遭遇します。
決して褒められない運転をする人が増えているように感じます。

夏亀が初めてL.A.で自動車を運転することになったとき、練習しよう、と隣に乗ってくれた向こうの友人が、いろいろと現地のルールだったりマナーだったりを教えてくれました。

信号のない四つ角では、ファーストストップ・ファーストゴー。確かこんな風に言っていたと思うのですが、ネイティブの発音がよく聞き取れなくて、もしかしたら違っているかもしれませんが、意味は、先に止まった車が先に発車する。と言うことです。

交差点で道を譲ると、その車の後ろの車まで便乗して出てくること、ありますよね。
一台くらいいいじゃない、って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことが続くと、自分の後ろの車が詰まってしまってフェアじゃないですよね。

一台ずつ順番にお互い譲り合って。と言うのが見ていて気持ちいいかな。

あと、横断歩道に人がいると必ず止まります。あちらのドライバー。
こちらでは、車が途切れてからやっと渡りますよね。
あちらのほうがいいなあ。

昔、上品ドライバーと言うドラマがありました。
あれ、面白かったな~。
また観たいな~。

論点が少しズレてきてしまいました。
書き始めたときは、「手を挙げてるのにそれじゃダメなの?」ってことでしたが、途中から、「ハザード出しさえすれば何でもアリなの?」ってことになり更に、「日本のドライバーはマナーが悪い(人もいる)」ってことになってきてしまいました。

みなさん、今日も笑顔で安全運転!

では、今日はこの辺で。
Have a good day!