生活設計

節約生活の光と影 家計改善11

節約生活のすすめ総まとめ これまで10回に渡ってみてきました家計改善シリーズ、この回は、節約総まとめです。 これまでのお話しを参考にしていただき、そのいくつかでも実践していただいている方には、必ず効果が現れます。続けてください。 皆さん、意志を…

外食、旅行、節税 家計改善10

ダメ押しの節約 家計改善シリーズも10回目を数えました。 皆さん効果が現れているころだと思いますが、もうひと押しです。 外食 一家団欒、たまの外食。 これは楽しみましょう。 贅の限りを尽くすのはどうかと思いますが、目くじらたてて節約する場面ではな…

家計改善9 ショッピングは大体無駄遣い

無駄な買い物 前回は取り留めもない方向に進んでしまいましたので、今日は極力具体的にいきます。 ショッピング 響きがいいですね、ショッピング。Shopping! ショに力をいれて、ピを伸ばして、グはほとんど発音しない。ショッピーン! ウキウキしますね、ワ…

家計改善8 必需品が贅沢品

買い物にメスを入れます 私たちの購買活動を大きく二つに分けるとしますと、どんな分け方があるでしょうか。 必需品と贅沢品 小さなものと大きなもの 安価なものと高額なもの 見えるものと見えないもの 買いに行くものと売りに来るもの 欲しいものと欲しくな…

趣味、娯楽? 家計改善7

趣味、娯楽に手を付けます 趣味にかける情熱と金額は人それぞれ。 昼寝が趣味、と言う人もいれば、ヨット、と言う人も。 趣味を削るのは難しい 庶民の私には、個々の節約方法など知る由もなく。 ただ思うのは、お金を気にしたら趣味はつまらなくなってしまう…

食費と水道電気ガス料金を節約するコツ。家計改善6

今回は変動費です。 前回までは、固定費を診てきました。 無駄遣いの代表選手。保険料、習い事、通信費。家計改善5 家計改善のすすめ。ムダをチェックし見直して、赤字体質から脱出しませんか。家計改善1 次は変動費、と言うことになるのですが、 「電気代…

保険料、習い事、通信費が無駄遣い。家計改善5

前回、第4回の記事はこちらです。 固定費の削減。住居費、自動車関連費を見直そう。家計改善4 第1回はこちらです。 家計改善のすすめ。ムダをチェックし見直して、赤字体質から脱出しませんか。家計改善1 前回は、家計改善の王道、固定費について、しかも…

固定費の削減。住居費、自動車関連費を見直し。家計改善4

赤字家計の改善をテーマに、前回からの続きの4回目です。 前回から引き続きお読みいただきまして、ありがとうございます。 このページからお読みいただく方、お越しいただきましてありがとうございます。 前回、第3回の記事はこちらです。 家計簿の中身を…

住宅ローン借り換えお得な方法秘策。3個のおすすめテクニック

住宅ローンの借り換えを考えたことがある方、どのくらいいるのでしょうか。 聞いたことはある。 銀行のポスターで見た。 と言う方も含めますと、結構いらっしゃるのでは。 では、実際に借り換えをした方は、となりますと、数はぐっと減ると思います。 理由は…

住宅ローン金利のカラクリ。変動金利が変動しない謎!?

変動金利で住宅ローンを借りている皆さんへ 金利が下がったこと、ありますか。 変動金利の誤解 「自分の住宅ローンは変動金利だから、金利が下がれば当然、利息が下がる。だから、マイナス金利のうちは見直す必要はないでしょう。ないない。」 このように思…

家計簿の中身をチェック。赤字の原因はこれだった! 家計改善3

家計簿作りは順調ですか。 途中で止めてしまわず、是非是非続けてください。 赤字家計の改善をテーマに、前回からの続きの3回目です。 前回から引き続きお読みいただきまして、ありがとうございます。 このページからお読みいただく方、前回、第2回の記事は…

家計が赤字の原因はなに? 家計改善2

赤字家計の改善をテーマに、前回からの続きです。 前回から引き続きお読みいただきまして、ありがとうございます。 前回、第1回の記事はこちらです。 家計改善のすすめ。ムダをチェックし見直して、赤字体質から脱出しませんか。家計改善1 黒字家計の大原則…

家計改善のすすめ。ムダをチェック見直し、赤字体質から脱出。家計改善1

どうしてうちは赤字なの? 家計が赤字になってしまう原因は、実は簡単なことなんです。 それは、収入以上に支出してしまうからです。 黒字に転換するためには、その逆の状態にすればいいんですね。 つまり、収入以上に支出しない。 その方法を紹介します。 …

学資保険は必要?子供の教育費いくら掛かる?学費足りる?

保険、分かりますか? 最近生命保険を調べている中で、ある言葉が頭に浮かびました。 「保険への加入を検討すると健康になる」 「風が吹くと桶屋が儲かる」みたいな感じです。 でも、よくよく考えてみますと、こんなあてにならない話しとは少し意味合いが異…