カルピスの季節に思うこと。どっちがお得なの?

カルピス原液とカルピスウォーター

 

CALPISの季節

 

やっぱり夏ですね。

ホットカルピスなんてCMもかつてありましたが、やっぱり夏がいいですね、カルピスは。

もちろん、冷たいの。

 

我が家では原液を買ってきて、家で作って・・・作って? 薄めて飲みますが、出来てるのがペットボトルでも売ってるんですよね。ご存じのとおり。

 

大きさも色々あります。900mlや1.5リットルですと、かなりお値打ち感があります。

さて、暑いときにはガブガブ行きますので、ちょっとコストが気になっちゃいました。

 

比べます

 

近所のスーパーで買って来ました。

 

カルピス470ml、298円。

南アルプスの天然水2リットル、99円。

カルピスウォーター1.5リットル、158円。

200mlあたりにしますと、

 

カルピス33円。

 

カルピスウォーター21円。

 

なんと、原液から自分で作った(薄めた)方が、なんとなんと12円高いんですね。

家族4人で毎日1杯ずつ、夏の暑い季節に4ヶ月間飲むとしますと、その差は約6,000円。

カルピスウォーター1.5リットルペットボトルが37本買えます。これ、200mlが277杯分。

うーん、自分で手間をかけて作った・・・薄めた方が高いとは。

 

味は、家で水と混ぜて作った方が、甘味、酸味とも強く感じましたが、交互に飲み比べているうちに、違いがわからなくなってしまいました。

筆者ごときの味覚では、違いは分からない。と言うことのようです。

因みに配合は1:4。

 

また、これは発見だったのですが、カルピス原液とカルピスウォーターでは、表記されている原材料が違うのです。

 

カルピス

 

原材料

砂糖

添加物/

香料

大豆多糖類

 

カルピスウォーター

 

原材料

果糖ぶとう糖液糖

砂糖

脱脂粉乳

乳酸菌飲料

添加物/

酸味料

香料

大豆多糖類

 

それぞれのメリットとデメリット

 

カルピス原液

 

メリット

濃さがお好みで自由自在。

水以外でも、好きな飲み物で作れる。

 

デメリット

高い。

外出先では作り辛い。

 

カルピスウォーター

 

メリット

安い。

外出先でも手軽に飲める。

 

デメリット

味、濃さが決められている。

 

値段の違いは、作る手間と飲むシチュエーションを考え、大きいと取るか小さいと取るか。

味の違いは、飲む方の好み。

原材料の違いは、気にするかしないか。(随分と違いますが…)

 

結果のハッキリしないレポートですみません。

さあ、今日も暑いです。

お好きなカルピスをお楽しみください!