キャッシュレス賛成派 後進国日本の先進国だった過去の呪縛

日本は先進国?

我が国は先進国と言われています。

対して、途上国と言われる国や、新興国と言われている国もあります。

 

その途上国、新興国のなかにあって、急速に発展をしている国があることは、新聞、ネット等で見聞きします。

電気、ガス、水道、通信、道路、鉄道等々。

日本の援助で発展発達している部分も多々あります。

 

日本の足踏み

であるにもかかわらず、その日本が、むしろ遅れを取っていると感じる場面も目にするようになってきました。

携帯スマホタブレットなどの移動通信、鉄道のホーム柵、広い道路歩道など、日本より進んでいる国、整備されている国、たくさんあります。

 

様々な条件、状況があるとは思いますが、やはり後発は有利な場合が多いようです。

 

例えば道路

待ちづくりのノウハウを学んだ後に新設するのであれば、無駄のない導線が引けます。対して、既に建っているものをどかしながら作るには、課題が多いですね。

日本橋に覆い被さる首都高。地下に移すそうですが、早く明るい日本橋が見たいものです。

 

鉄道のホーム柵

先にその構想があれば、それにあわせた車両作りができます。3枚ドア、4枚ドア、5枚ドアと多種多様な車両が混在する路線では、なかなか難しい課題でしょう。

 

電話にしてもそうです

動通信が充実する前に、日本では既に固定電話が整備されておりました。未整備の国、地域では、これから始めるのですから、当然便利なツールを用いて整備をします。スマホと黒電話、どちらを選ぶのか。答えは言わずもがなです。

 

最近話題のキャッシュレスは、どうなのでしょうか。

 

キャッシュレス

偽造紙幣が造りやすい、紙幣の交換サイクルが長く、お札が汚いなどの国では、キャッシュレス化の優先順位は高いでしょう。喫緊の課題です。

 

銀行で偽札?

以前ある国でこんなことがありました。

市内の銀行で両替した現地の5万単位の紙幣。見学に立ち寄った、中央銀行の紙幣博物館に設置された偽造紙幣発見機にかけたところ、見事に偽札判定。偽札なのか機械がボロなのか。そのお札は、博物館の人に事情を説明したところ、小額紙幣に換えられてしまったので、今となっては真贋は究明できませんが。

 

世にも珍しい、欲しくないお金

使用後のトイレットペーパーより汚いお札が、当たり前のように流通している国だってあります。もちろん触りたくないですが、お財布に入れるなんてもってのほかです。私のお財布は、便器ではありません。

 

日本も早くキャッシュレス

日本の紙幣製造技術は非常に高度です。偽札被害も少なく、なにより汚いお札をあまり見かけません。

 

このように、ある程度不自由のない環境で暮らしておりますと、更に便利な世の中にしようという思いに、ハングリーさが欠けてきます。キャッシュレス社会を構築しようとしましても、足並みは揃いません。なにしろ、既に便利なのですから。

 

日本は過去に発展を遂げたことが仇となり、現代の急速な変化に着いて行くことができていないのではないでしょうか。

 

今のままで十分便利だし、なにも難しいことを今更勉強しなくても…といった感じでしょう。

 

ましてや、我が国には現金至上主義のような考えがあります。

www.natsuhonu.com

 

それでも筆者は、キャッシュレス社会に、無限の可能性と魅力を感じております。

 

次回は少し具体的なことを書き連ねてみます。どうぞ、次回も是非お読みください。