住宅ローン金利のカラクリ。変動金利が変動しない謎!?

変動金利で住宅ローンを借りている皆さんへ

金利が下がったこと、ありますか。

 

変動金利の誤解

「自分の住宅ローンは変動金利だから、金利が下がれば当然、利息が下がる。だから、マイナス金利のうちは見直す必要はないでしょう。ないない。」

このように思っておられる方、要注意です。

 

これ、合っていると言えば合っているように聞こえなくもないですが。

しかし残念ながら、間違えです。

 

「今はマイナス金利だから、借りれば借りるほど、利息が貰える。」

面白い。

でも、これを信じている方は、いませんよね。

それくらい間違えています。

 

笑い話ですけど、笑えません。

 

確かに、政府のマイナス金利政策によって、各金融機関は貸付金利を下げました。

 

手持ちのお金を日銀に預けておくと、金利を取られてしまうので、多くの方に借りて貰おう、ということです。

 

しかし、マイナス金利政策の恩恵に預かっているのは、マイナス金利になってから借りた方。

 

つまり、2016年2月頃以降に借りた方です。

 

試しに、いま借りている金融機関のホームページをみてみてください。

 

そして、HP記載の金利率と、ご自身の金利率を比べてみてください。

 

現在は、ご自身の金利率の方が高い方がほとんどです。

 

3つの金利

多くの金融機関では、実は、基準金利はもう10年近く、変わっていないのです。

 

マイナス金利政策を、一般消費者の目に見える形にするために、優遇金利(金利の値引き幅)だけを大きくしているんです。

 

その結果として、適用金利を下げています。

 

つまり簡単に言うと、こう言うことです。

以前は、

「店頭表示金利は2.5%ですが、今だけ1%優遇して、貴方には1.5%でお貸しします。」

 

それを現在は、

「店頭表示金利は2.5%ですが、今だけ1.8%優遇して、貴方には0.7%でお貸しします。」

と言うことになっているのです。

 

店頭表示金利は、ゼロ金利になろうとマイナス金利になろうと、簡単には変えないのです。

 

ここで言う、

店頭表示金利が基準金利

優遇する分が優遇金利(金利の割引き)

実際の「貴方には…」が適用金利です。

 

基準金利は、頻繁には変えない

世の中の反応を見つつ、割引だけを大きくしているのです。

つまり、優遇金利だけを大きく。

優遇金利を大きくする事で、適用金利を下げているのです。

 

そして、優遇金利は借りた時に決まってしまいます。

 

ここが重要です。

 

釣った魚に餌はあげない

「これから借りてくださる方には1.8%割り引きしますが、既に借りてる人の割り引きは1%のままですよ。」

 

ゼロ金利、マイナス金利政策によって金利が下がったのは、優遇金利が大きくなったためです。

つまり、これから借りようとする方向けです。

既に借りている方の優遇金利は変わりませんので、基準金利が下がらない限り、適用金利は下がらないのです。

 

そして、金融機関は基準金利を下げません。

 

ゆえに、貴方の金利は下がりません。

 

と言うことなのです。

 

要は、

「新規のお客様を呼び込むために、宣伝広告する金利は下げますが、既存の客は高い金利を払い続けていてね。」

と言うことです。

 

釣った魚に餌なんて、あげるわけがない…

 

ちなみに、金融機関が金利を上げたい時はどうするでしょうか。

 

「優遇金利は変えません」と、完済までの優遇を約束してしまっています。

基準金利を上げるしかないですね。

自分は優遇金利よって優遇されている。と、安心していてはいけません。

知らない間に金利は高くなっているかも知れません。

 

変動金利の変動は、変動しない!?

変動金利は、下には変動せずに、上にだけ変動する。

安くはならずに高くなる、一方通行の変動。

言うなれば、半固定金利。

ではないかと、思います。

 

借り換えを真剣に検討する価値は、ありそうですね。