乗換検索分かりづらい!正しく目的地探せますか?似ている名前の駅、ありますよ。

f:id:sainosai:20170416041125j:plain

 

みなさんこんにちは、夏のウミガメです。お元気ですか?

 

今日、こんな記事を読みました。

 

「東京から草津温泉に行こうとしたら、滋賀まで来ちゃった💦」

 

はあ?何を言ってるの?こりゃあネタだなって軽~く流しておきましたが今、う~ん、まんざら嘘でもなさそうだと方向転換。

 

今日は羽田から飛ぶ予定がありますので、ジョルダン使って路線検索。

ところが候補がなんと6つも!!

 

えっ、どこで降りればいいの?っていうか、どこへ行けばいいの?

  

こんな経験ありませんか。これって結構笑えない笑い話ですよね。

 

だって羽田って、ここから北海道や沖縄はもちろん、海外へだって行けるのに、空港ってそういうところなのに、その羽田に行けない。

 

「やったー!来たぞー!ハワイだー!!よーし、泊まるホテルはどこだー」って、ホノルル空港からホテルまで迷うのはこれも旅行の面白みのひとつ。

 

でも、家から空港まで行けないって、行程の最初の1%のところですでに迷ってる。ほんとにハワイに行けるのか不安になっちゃいます。

 

今日の目的地は残念ながらハワイではないですし、しかも仕事。普段飛行機に乗ることはあまりないので、ちょっと楽しみではありますが、羨ましい話しではありませんよ。

 

ちなみに、「新宿」で路線検索かけても5か所出てきます。「そんなん迷うわけないよ~」って思う方もいらっしゃるかも知れませんが、初めて東京を訪れる地方の方や、特に海外の方は困るのでは。

 

最近都内の地下鉄では、路線や駅にアルファベットや数字が割り当てられています。この流れが全国全世界に広がり、もっと有効に使われれば迷える子羊さんが減ると思うんですけどね。

 

例えば今回の件でいえば、発券された飛行機のチケットに降りるべき駅が表記されていたり、また別のシーンでは、例えば温泉宿のHPの交通アクセスの説明に、駅名とその駅に割り当てられた記号が書かれていれば、そして路線検索の結果にも駅名だけでなくその記号が書かれていれば、迷いようがない。かなり便利になりますね。

 

でもちょっと待って。これってもしかして、つまらないこと?

 

急いでいるときや出張に出るときは便利に感じると思います。でも、旅行ってホントにこれでいいの?旅って何?

迷っているときも楽しい。それが後で笑い話になり思い出になる。これも旅行の楽しみのひとつ。

むしろ不便のほうが楽しいのかも。

 

「おっ、どこ行くの?」

「ニューヨーク!」

「なんだ、銭湯か」

こんな笑い話を聞いたのはもう遠い昔です。

 

では、今日はこの辺で。

Have a good day!