natsunoumigame's

お暇潰しの小さなお話し。休憩中の話のネタにでもなれば幸いです。

「貯金の窓口」/今日から1億円を目指す!上級編

お題「貯金の方法」

前回の初級編からお読みいただける方はこちらから是非お願いします。
www.natsuhonu.com


では、いよいよ上級編です。

貯まらない方へ

貯金が大切なのは分かっています。
でも、今欲しい。それ欲しい。なんとしても欲しい。売り切れちゃうかも。二度と手に入らないかも。
毎日の生活の中に無限にある誘惑。物欲。
貯金をしなければという思いは後回し。ダイエットと同じ。いつも「明日から」。
そうやって毎日を過ごしてきた、貯金なんていつでもできる症候群のみなさんに向けた前回の記事、
「貯金の窓口」/今日から1億円を目指す!初級編。
実践していただけましたでしょうか。
「こんなの簡単だ、他にないのか」の声にお応えし、上級編をお送りします。

上級編

これから紹介する方法は、貯金を増やす上で、破壊的な威力を持っています。その意味は、始めてみて初めて判るでしょう。全部実行するもよし、気に入ったものを選択して実行するもよしです。ただし、全てを実行しようとしますと、ほとんどの人は10日も経たないうちに、おこづかいが底を突いてしまうでしょう。挫折してしまっては、元も子もない。最初は少しずつで。

飲み代半額

仕事の帰りに同僚と飲んだ。割り勘で一人3,000円だった。二次会は行かない。帰ったらこうしよう。貯金箱に1,500円。

おごり全額

今日は上司に誘われた。予定外の飲みは懐に痛い。でも断りづらい。いや、断れない。終わってみれば部長のおごり。おそらく1人5,000円くらいは飲んだだろう。上機嫌!よし、寄り道はしない。帰ったらこうしよう。貯金箱に5,000円。

パチンコ全額

やめるやめると言いながらもついつい。毎度毎度の負け続き。10,000円もやられてしまった。今日も気持ちをあらたにする自分。もうやるまい。デカイな10,000円。キツいな10,000円。俺って本当にバカ。帰ったらこうしよう。貯金箱に10,000円。

勝った時倍額

もうすまい、絶対やめると心に誓ったのは、ほんの昨日のこと。バカな自分は今日も全開。目指せ確変大当たり。なんと奇跡が!今日は勝ったぜ2,000円。帰ったらこうしよう。貯金箱に4,000円。

甘いもの倍額

前から気になっているちょっとおしゃれなcafe。ショーケースに並ぶスイーツが美味しそう。今週は残業頑張ったし、たまにはいいかな、1,000円くらい。プチ贅沢。気分もいいし、帰ったらこうしよう。貯金箱に1,000円。

ダイエット中ならカロリー分プラス

あっ、忘れてた。ダイエット中だった。でも大丈夫。明日からまた頑張ろう。今日のケーキは425kcal。帰ったらこうしよう。貯金箱にあと500円。

煙3倍

やめると誓った煙害。家でも職場でもイヤな顔をされる。分かっている。でもまた買ってしまう。反省なんかしないさ。帰ったらこうしよう。貯金箱に500円。奥様に1,000円。

贅沢ランチに反則金超過分

貯金をしようと誓ってから、ランチは500円と決めたはず。でも食べたい。カツ丼、ラーメン、スパゲッティ。ランチセットは蜜の味。今日も食ったぜ1,100円。帰ったらこうしよう。貯金箱に600円。

破壊的な効果

例えば「飲み代半額」。これ実践しますと、3,000円飲むと1,500円貯まります。でも、おこづかいは4,500円なくなります。5,000円飲むと2,500円貯まります。でも、おこづかいは7,500円なくなります。あなたの1ヶ月のおこづかいはいくらですか?自然と飲む金額、そして飲む回数が減ります。今夜の飲み代を2,000円に抑えたとします。貯金は1,000円しか貯まりません。3,000円飲んだ時の貯金1,500円と比べて500円減ってしまいますが、飲み屋さんに支払う飲み代は1,000円減ります。1,000円の内部留保ですね。支払いの減った分1,000円と、貯金箱に入れた1,000円で、実質2,000円の貯金と同様の効果が期待できます。3,000円分飲んだ時の貯金は1,500円ですから、家に残る金額は差引500円多いですね。攻撃は最大の防御なり。積極的に支出を減らすことは、最大の貯金です。
パチンコをやらないと、貯金の10,000円は増えなくなりますが、10,000円のムダな負けもなくなります。10,000円貯金したのと同じ効果です。10,000円負けますと、小遣いが20,000円なくなりますが、はじめからやらなければ、小遣いは1円も減りません。なんなら端から負けたつもりで20,000円貯金するって手もありますね。

番外編

好みの異性とすれ違ったから1,000円。
自販機で一本当たったから500円。
電車で座れたから500円。

最後に
給料日1,000円、賞与日5,000円で22,000円。
これ、シンプルです。面倒臭がり屋の方はここから始めるのもいいかも知れませんね。

Enjoy!