超絶品!叶匠壽庵「あも(蓬)」をレコメンド#6 人気のスイーツをおすすめ!

おすすめ度:120% 

今日おすすめしますスイーツは、叶匠壽庵の「あも(蓬)」です。 

 

 叶 匠壽庵

 

 『叶 匠壽庵』は『かのう しょうじゅあん』と読みます。

滋賀県大津は長等に総本店のある和菓子屋さんです。

創業は1958年、老舗の多い和菓子屋さんの中では、比較的若いお店です。

 

『蓬』は『よもぎ』ですね。草餅や草団子に使うあの独特の香りのある植物です。

 

f:id:sainosai:20170618091645j:plain

こんにちは、夏亀です。

 

この叶匠壽庵、実は以前から気にはなっていたのです。

 万歳楽という大丸東京店限定の大きなどら焼き。仕事終わりに立ち寄りますといつも売り切れてしまっていまして、ずっと残念に思っていました。

限定と言いましても期間限定ではなさそうですので、運よく出会えた時に買って帰ろうと、大丸に寄った時には叶匠壽庵の前を通るようにしていました。

 

あもとの出会い

その日もまたいつものように前を通ると、珍しくまだたくさん並んでいます。立ち止まってお店の方に注文をしようとしましたまさにその時、目に入ったのが今日ご紹介の「あも(蓬)」です。

長いこと待ち焦がれた万歳楽ではなく、あもを買えと心の中の声が聞こえました。

四角い、羊羹のような形をしたその中に、真っ白いお餅が見えます。万歳楽しか気にしておりませんでしたので、初めて見るこのお菓子に、急速に興味が湧きました。「これが食べたい」。

隣には緑のお餅が覗いたあも。包みには(蓬)とあります。

大抵緑色をした和菓子は抹茶です。少なくとも私はそう思っておりました。

そこに私の中の常識を覆すヨモギ。思わず「これをください」。

 

あも

 これはおいしい! 本当においしいです。小豆の甘さが超絶です。

「甘くておいしい」ではなく、「甘みがおいしい」、「甘み自体がおいしい」。純粋に甘みがおいしいんです。上手な表現が出来ないのがもどかしいです。

その小豆と、しっかりと香りのするよもぎの求肥。やわらかくて弾力があり、口の中にさわやかな感じが広がります。

 

「あも」とは、昔の宮仕えの上級女官が使っていた女房言葉で、餅と言う意味だそうです。

 

 

以下はお店のWebページより。

 ”あもはイキモノ

’いい’かげんに生まれたあも。

あもという音色が自然とからだに響き、

やわらかいお餅と香しくにほう小豆がつくりだす、

つやつやの餡からは

まるでお母さんのようなやさしさを感じます。

これは価値あるものを変えずに保ち、

光る素材をあわす事で絶妙なバランスが生みだされるのです。

あもはたくさんの表情を見せながら、

これからも成長しつづけていきます。”

 

あも1,188円、あも(蓬) 1,296円。2017年6月現在。

あも(蓬)は季節限定です。

直営店の他、全国80の百貨店でお求めになれます。

 

では、Enjoy!

 

関連記事 

バックナンバー

www.natsuhonu.com

モロゾフプリンの店「銀座プリンクーヘン」をレコメンド#4 おすすめスイーツを紹介します。

銀座若松の「あんみつ」をレコメンド#2 おすすめスイーツを紹介します。

きんつば中田屋の「うぐいす」をレコメンド#1 おすすめスイーツを紹介します。

合わせてお読みください

メロンパンを潰せ!潰すとうまいは本当か?人それぞれです。

「半月」を食べました。満月でも三日月でもなく、半月です。

こんな記事も書いています

www.natsuhonu.com

「父の日」6月第3日曜日!?いいえ、毎日感謝してます。

「気持ち悪いこと」 お暇つぶしです。くだらない話ですがサクッとお読みください。

駅の通路は右側通行?左側通行?逆走する人危険です!

クイズ? マンションブランドいくつ知っていますか? 取り扱う企業名まで知っていましたか?

学資保険は必要?子供の教育費いくら掛かる?学費足りる?

簿記3級ポイント解説 第八回 -固定資産-