natsunoumigame's

片付けをメインテーマに、くらしやお金のヒントを語ります。

「一緒に確認をお願いします~」と言われても、確認になってないから。

人気のワッフルを買った時の事です

仕事の帰りに何か甘いものが欲しくなり、ちょっと回り道をして、人気のワッフル店に立ち寄りました。

ショーケースには美味しそうなワッフルが並んでおります。

どれも捨てがたいのですが、そんなに沢山食べられるわけもなく、泣く泣く3つに絞って注文しました。

「栗とさつまいもバターとパンプキンバターを1つずつください」

 

一体何を確認したいんだ?

店員の女性は手馴れた手付きでトングを使い、1つずつ紙に挟んでいきます。

右手にそれらを重ねて持ちこう言いました。

「一緒に確認をお願いします~。栗、さつまいもバター、パンプキンバターです。こちらで宜しいですか?」

 

「(ん、何だ、この違和感?)」

 

ちょっと話しは変わりますが、皆さん、ケーキ屋さんで小さなケーキを幾つか買うと、こう聞かれませんか。

「ご注文はこちらで宜しいですか?」

(実際には「こちらで宜しかったですか?」と、なぜか過去の話しにされてしまうことが多いですが)

そう言って箱を傾けこちらに見せてくれます。

そこにはイチゴショートだったりモンブランだったりフルーツタルトだったり。

一目見てそれだと分かりますので、はい、確かに確認が出来ます。

 

でも、今話題にしているのはワッフル。

そう、どれもみんな同じなんです。

しかも紙に挟まれてしまっていて、側面の一部しか見えません。

色の濃淡はあっても、それは味の違いだけではなく焼き具合でも変わります。

 

こんな経験があります。

鯛焼き屋さんで5匹買いました。全部違う味です。小倉、うぐいす、カスタードクリーム、チョコレート、チーズです。チーズがちょっと高かったですが、焦点はそこではありません。ここでも例のあれです。

「一緒にご確認お願いしまーす。こちらから小倉、うぐいす・・・」

 

だ・か・ら、、、中が見えないんですよ、な・か・が

家に帰って食べてみて、高いチーズの筈が安いチョコレートだったとしても後の祭りです。

「一緒に確認したじゃないですかーぁ」って言われて終わりです。

 

結局は

そうなんです。この場合の鯛焼きと同じく、紙に包まれたワッフルのフレーバーを、店員さんと一緒に確認することなんて、出来ないんです。おにぎり屋さんではよく、三角形の頂点に、中に入れた具材を少し載せてあったりします。見たことありませんか、鮭や昆布が載っているのを。でもこの店のワッフルは違います。何も目印がありません。もう、店員さんを信じるしかないんです。どうしても確認しろと言うのであれば、そう、数の確認をするくらいが精いっぱいです。

「一緒に確認をお願いします。全部で3個で宜しかったですか?」

「はい、3個でした・・・」

 

でした・・・? あっ!