natsunoumigame's

片付けをメインテーマに、くらしやお金のヒントをお届けします。

天亀そば。神田鍛冶町今川橋交差点で旨い立ち食いをたぐる

名代天亀そばを楽しむ

ちなみに読み方は、「なだい」天亀そば、です。

よく見かける言葉ですが、自信を持って声に出して読める方、少ないのでは…。

「なしろ」、「みょうだい」とも読みますが、意味が違ってしまいます。

「なだい」です。

当店は有名、名高い、と言うことです。

つまり、「旨いよ」という自信の現れです。

もう、迷わないですね。自信を持って読めます。

 

目次

 

では、一杯目。

春菊天そば

f:id:sainosai:20210319021827j:plain

春菊天そば

春菊天、旨いです。

色も味も濃い、ザ・関東の甘めのつゆに良く合ってます。

比較的柔らかく揚がった春菊天が人気なのでしょうか、あとから来た男性客お二方も、春菊天そばをご注文。

バリバリ食べる春菊天もいいですが、上あごに優しいのもまた、くせになる。

春菊の香りもしっかりあります。

そばは、ちょっと太めの丸い麺。

コシがない訳ではないのですが、少し柔らかめ。ちょうど、芯のないスパゲティくらいです。

テーブルには、イワシの煮干しの粉末が置いてあります。これ振りかけますと、とても良い香りが広がります。

あ、忘れるところでした。

写真では、春菊天の右側に写っているのですが、大葉の天ぷらが1枚添えられています。

お店からの無言のサービス。

とてもいい気分になりました。

また寄ろっと。

400円、2018年10月現在。

 

2回目の訪問です。

ゲソ天そば

 

f:id:sainosai:20210319021509j:plain

ゲソ天そば

今回もまた大葉天のサービス。

嬉しいです。

ゲソ天は、玉ねぎとのかき揚げになっています。甘くて美味しいです。

ゲソ天そばはメニューにありませんが、かけそば270円にゲソ天170円のトッピングと言う事ですね。

前回春菊天そばを食べた際に、丸い麺だったと思ったのですが、今回は断面正方形の、エッジのある麺です。

麺が変わるとも考え辛いですので、前回は筆者の勘違いか、もしくは茹で置きでのびていたか。

もう少し通ってみる必要がありそうです。

440円=かけそば270円+ゲソ天170円

2018年10月現在。

 

3回目。 

ごぼう天そば

f:id:sainosai:20210319022029j:plain

ごぼう天そば

ごぼう天も美味しいです。

これもメニューにはなく、110円のトッピング。

ごぼうは平たく切ってあります。歯応えあり、ホクッとしますし、カリッとします。要するに旨い。

細切りの人参とのかき揚げです。

お約束の大葉のオマケが見当たらない。300円台のそばには付けて貰えないのかと思った矢先、たっぷりのネギの下に隠れていました。

おばちゃん、疑ってスミマセン。(常連さんと思しきオジサマ方は「おばちゃん」と呼んでいます。筆者はまだその域ではありません。)

そばはやはり、断面正方形の麺。丸い麺ではありません。

今日も完食、御馳走様でした。

また寄ります。

あ、食べてた間に雨が…

380円=かけそば270円+ごぼう天110円

2018年10月現在。

 

あじ天そば

f:id:sainosai:20210319022213j:plain

あじ天そば

あじ天、美味しいです。

とっても肉厚の立派なアジです。

立ち食いそば屋さんで!?と、意外な程です。

ただ、難点が1つ。

アジの天ぷらの宿命ですが、尻尾のそばに骨があります。

定食のアジ天と違い、お皿ではありませんので、出しておくところがありません。

どんぶりに戻してしまいますと、つゆを飲んだときにまた口に入って来てしまいます。

とってもデインジャラス。

今回もまた大葉の天ぷら。

写真では、あたかもメインであるかのごとく、手前に写っています。

430円=かけそば270円+あじ天160円

2018年11月現在。

 

ソーセージ天そば

ソーセージ天って、立ち食いそば屋さんでしか見たことない気がしますが。

スーパーのお惣菜コーナーなんかには置いてあるのかしら。

興味本位で注文しましたが…。

元々ソーセージが好きですので美味しくいただきましたが、あえてソーセージを天ぷらにしなくてもいいかなあなんて、食べ終えたあとに思いました。

あ、決してソーセージ天を否定しているわけではありません。

値段忘れてしまいました。

2018年11月。

 

舞茸天そば

f:id:sainosai:20210319022404j:plain

舞茸天そば

写真ではそんなに大きく見えませんが、かなり大きいです、舞茸天。

厚いんです。

舞茸も沢山使われておりますが、衣も多いため、中まで火が通らなかったのか粉っぽい。ちょっと生かな。

食べちゃいましたけど。

今日は大葉がありませんでした。ちょっと残念。

おじちゃんは、おまけくれないのかしら。

また寄りますけど。

390円=かけそば270円+舞茸天120円

2018年12月現在。

 

いか天そば

値段、忘れてしまいました。2019年6月現在。

 

茄子天うどん

f:id:sainosai:20210319022642j:plain

茄子天うどん

デカイ。

扇状の切り込みはありませんが、格子状に隠し包丁が入れてありますので、食べ易いです。

が、冷たい。

冷たい茄子天がお好きな方以外は、揚げたてを狙うことをおすすめします。

ところで、店をあとにしてからふと思ったのですが、いつから420円に?

楽しみにしている大葉の天ぷらなかったのに~!

消費税増税便乗?

親父の間違い?

楽しみにしている大葉の天ぷらなかったのに~(繰り返し)

ま、いっか。

次にメニュー確認してみます。

420円=かけうどん290円(多分)+茄子天130円

2019年10月現在。

 

春菊天うどん

f:id:sainosai:20210319022907j:plain

春菊天うどん

420円。

値上げしてました。

かけそば・かけうどんが270円→290円。

春菊天130円は変わらず。

うーん、暫く寄らないうちに、高級店になってしまいました。

冗談はさておきまして、相変わらずこちらのつゆは好きです。

うどんにも良く合います。

今日は大葉も入れていただき、ありがとうございました。

くどいですが、20円値上げで420円。2019年10月現在。

 

ちくわ天そば

 

ちくわ天は磯辺揚げではありません。純粋にちくわ天です。自分でも、「あれ、いか天頼んだっけ?」となるくらい、いか天に見えます。衣多目で満腹になります。旨いと思います。

400円、2019年12月現在。

 

千代田区鍛冶町1-7-9

JR神田東口3分

24時間営業

 

ナツ亀