固定費の削減。住居費、自動車関連費を見直し。家計改善4

赤字家計の改善をテーマに、前回からの続きの4回目です。

前回から引き続きお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

このページからお読みいただく方、お越しいただきましてありがとうございます。

前回、第3回の記事はこちらです。

家計簿の中身をチェック。赤字の原因はこれだった! 家計改善3

 

第1回の記事はこちらです。

家計改善のすすめ。ムダをチェックし見直して、赤字体質から脱出しませんか。家計改善1

 

黒字家計の大原則

収入以上に支出しない

 

ポイント1

まずは、支出を減らす。次に、収入を増やす。

 

ポイント2

強い意志を持つ。

 

ポイント3

家族みんなで取り組む。

 

ポイント4

家計簿を付ける。

 

そして、赤字家計の最大の原因、それは、旧態依然とした生活習慣から抜け出せない自分でした。

変化を恐れる自分。

現状を心地良く感じ、変化を良しとしない自分の気持ちの中に、最大の原因がありました。

 

これを変える勇気と、どう変わりたいかという希望を持たなければ、改善に何度着手しても、全て失敗に終わります。

 

自分自身が変化をする。

それは、 

 

ポイント5

必要なものを諦める。

 

と言うことです。

 

 

そして導き出されたのが、

 

黒字家計の新原則

生活スタイルを進化させる

 

と言うところまでが前回の内容です。

 

これから具体的に診ていきましょう。

 

支出の削減

 

当然、目に見えて「削減できたー!」と感じられるためには、効果の大きなものから手を付けます。

更に付け加えますと、固定費から。

なぜなら、一度削減しますとその効果は、その後ずっと続きますので。

 

無理は承知で大胆に行きます。

 

固定費の削減

 

住居費

 

持ち家の場合

 

最も大きいのが住宅ローン。

借り換えを検討してみましょう。

もちろん、目的は金利の削減です。

 

特に、マイナス金利政策前に借りた方で、返済期間が長く残っている場合。

かなりの確率で、返済の支払総額が小さくなります。

 

「自分は変動金利で借りているので、マイナス金利になったときに、自分の利息だって当然に安くなっているはずですよ。心配ない心配ない。がはは。」

と思った方。

こちらが参考になるかも知れません。

www.natsuhonu.com

 

借り換えにつきましては、次のページをご参照ください。

www.natsuhonu.com

 

借り換えなんて言っていないで、もっと大胆に、住み替えてしまうという手もあります。

 

今お住まいの物件の売却額より、低い価格で次を購入できれば、差額が残ります。

金利の低い金融機関も選べますし、税制で優遇を受けられる場合もあります。

 

今の場所がいい、と言う気持ちも分からないでもないですが、新しい場所はもっといいかも知れませんよ。

 

 

賃貸の場合

 

まずは家賃の交渉です。

大家さん、不動産屋さんに相談してみてください。

 

今の時代、下がることはよくあります。

ただ、希望を言わなければ下がりません。

言うだけはタダです。

 

面倒臭い、気まずい、などと言っていないで、今度のお休みに実行してください。

 

そこで家賃が下がっても、それで終わりにしてはいけません。

 

もっと条件のいい他の物件を探しましょう。

今の不動産屋さんに依頼するのはもちろん、他の不動産屋さんやネットを駆使します。

 

 

実家に同居できる方はそうしましょう。

 

家を飛び出したばかりに、敷居が高くなってしまっている方、仲直りのチャンスです。

 

頭を下げて謝っても許してくれない親がいたとしたら、寂しいですがもうそれまでです。

次のチャンスは遠いと思います。

 

引っ越しでネックになるのが、子供の学区の問題ですね。

転校が必要になるかも知れません。

 

通勤時間も大切です。

 

家族みんなで話し合い、協力して取り組みましょう。

 

持ち家の方の引っ越しよりは、ハードルが低いと思います。

 

自動車関連費

 

自動車をお持ちの方、これも大きいですね。

家計簿から自動車関連の支出を拾い出して合計してみてください。

ひっくり返りそうになります。

 

削減の幅はかなりあります。

 

方法は主に次の2つ。

1 手放す

2 買い替える

 

言うまでもなく、1の方がインパクトは大きいです。

次のものがなくなります。

自動車ローン。

駐車場代。

自動車税。

自動車保険。

車検費用。

ガソリン代。

洗車費用。

その他、オイルやウォッシャー液、室内の小物代などなど。

 

オートバックスやイエローハットのレシート、結構な金額ではないですか。

 

自動車が必要な場合は、レンタカーをしてはいかがでしょうか。

最近はいたるところで、カーシェアが利用できます。

私も実際に利用しておりますが、手続きも利用方法も、いたって簡単です。

 

思い切って自動車を持たない生活、始めてみませんか。

 

自動車を複数台所有されているご家庭、常に全車利用してますか。

まずは1台、減らしてみませんか。

 

近くにレンタカー、カーシェアがなく、利用できない方。

常に自動車が必要で、利便性まで考慮すると、やはり手放せないという方。

買い替えを検討してみてください。

 

購入価格を抑えるのはもちろんです。

排気量が小さくエコな自動車は、ガソリン代だけでなく、税金も安くなります。

自動車保険の金額も、車種によって違います。

 

メルセデスからフィットに乗り替える勇気、いかがでしょうか。

 

まだまだ続きます。

次回はこれです。

無駄遣いの代表選手。保険料、習い事、通信費。家計改善5

是非、お読みください。