家計改善のすすめ。ムダをチェック見直し、赤字体質から脱出。家計改善1

どうしてうちは赤字なの?

 

家計が赤字になってしまう原因は、実は簡単なことなんです。

それは、収入以上に支出してしまうからです。

黒字に転換するためには、その逆の状態にすればいいんですね。

つまり、収入以上に支出しない。

その方法を紹介します。

 

黒字家計の大原則

収入以上に支出しない

 

収入以上に支出しないための方法パターンは次の2つだけ

 

1 支出を減らす

 

2 収入を増やす

 

さて、どちらが簡単でしょうか?

 

どちらも実現できれば理想的ですが、それはハードルがとても高いですね。

何しろ、そのどちらもできないから、赤字に悩んでいるわけですから。

 

まずは、支出を減らすことに手を着けてみましょう

 

 

欲張って、いきなり同時進行しては駄目です。

途中で挫折します。

 

必ず支出を減らすことから始めましょう

 

なぜ?

 

例えば、月収手取り20万円、月間支出21万円の世帯を例にします。

 

支出を19万円にまで節約することができれば、赤字解消、家計は一気に1万円の黒字になります。

あとは、収入を増やすことに注力するわけですが、収入アップした分だけ、全て、黒字になります。

手取り22万円で黒字3万円。25万円で6万円。

 

このころになりますと、お金が残ることも、節約することも、とても楽しくなってきますので、黒字は7万円、8万円になるかも知れませんね。

 

これが逆だとギャグになります。

 

先に月収手取りを22万円に増やしますと、月間支出も増えて23万円になります。

人間なんて、あればあるだけ遣います。ある以上に遣います。ちょっと増えればもっと遣う。

 

それは、節約の楽しさを知らないうちは、消費の方が楽しいから。

だから、赤字家計なんですよね。

手取りが25万円に増えても同じこと。30万円遣います。

 

遣っちゃいますよね、ついつい。

永久に赤字家計。

 

ボーナスで補填するのにも限界があります。

 

そして、預金、遺産、親の援助がなくなれば、次にくるのは自己破産の玄関口、そう、無計画な借り入れです。

借金で借金を返す自転車操業。

雪だるま式に転がって、人生奈落の底に真っ逆さま。

まさに、借金コンクリート。

 

イヤな話しをしてしまいました。

 

でも、安心してください。

これを読んでくださっている方は、まだ間に合います。

見直したい気持ちがあってこのページを見つけてくださったわけですから。

 

収入が増えても、支出はもっと増えてしまう。

そんな浪費癖がつく前に、節約することの気持ちの良さを身につけてしまいましょう。

 

思い出してください。

 

初任給15万円の頃、それで生活できていたのです。

収入が1万円増えると支出も1万円増える。2万円増えると2万円増える。3万円増える。

その繰り返しで今まで過ごしてきてしまいました。

 

これからは、収入だけを増やしましょう。

そして、支出は減らしましょう。

 

人間年を重ねますと、嫌でも支出の場面が増えてきます。

お付き合いやら、教育費やら、見栄やら。

今のうちに、減らせる項目を増やしておくことが肝心です。

 

ポイント1

まずは、支出を減らす。次に収入を増やす。

 

きっとお役に立ちますよ。

 

話しを戻します。

 

支出ダウンの成果が見えてきて、「楽しそうだな。できそうだな。」と感じてきたら、その時がチャンスです。

収入アップにも着手しましょう。

ここからは、同時進行していきます。赤字家計はターボの加速で改善される筈です。

 

では、早速始めましょう。

 

支出の見直し

 

家族の協力

 

独り者の方は簡単です。

方法は、強い意志を持つ。コレだけ。

 

ポイント2

強い意志を持つ

 

大変なのは、ご家族のある方。

一人ではどうにもなりません。

自分が節約した分は、必ず誰かが遣います。

まず間違いありません。

 

奥様が節約した分は、ご主人が飲みます。

 

ご主人が節約した分は、奥様のブランド物になります。更に、今ある服が小さくなって、着られなくなります。

 

子どもにも協力してもらいます。

 

えっ、子どもにも!?

 

はい、そうです。

一つ例外を作ると、必ず例外だらけになります。

そして、失敗したダイエットのリバウンドの如く、よりパワーアップされた赤字体質になります。

 

何より、子どもと一緒に正しいお金の使い方を考えることは、子どもの人生にとって、最も重要な教育の一つです。

何もしなければ、子どもも将来、きっと赤字体質の家計に苦しむ筈です。

何しろ、ご両親の血が流れているのですから。

 

ポイント3

家族みんなで取り組む

 

次回は支出の洗い出しから話しを進めます。

こちらです。

家計が赤字の原因はなに? 改善するにはまず敵を知ること。家計改善2

 

是非、お読みください!