natsunoumigame's

片付けをメインテーマに、くらしやお金のヒントをお届けします。

新聞やめても割と平気でした

古い慣習と不安

新聞とるのなんて本当はやめたいのに、ハッキリとした理由もなく尻込みしている人、多いのではないですか。私もそうでした。見えない呪縛で。でも、やめました。今、まったく困っていません


目次

やめない理由とやめたい理由

やめない理由は、デメリットが大きいと思い込んでいるから。やめてみれば、それは小さいことだとわかります。

デメリット

気になる他人の目

会社の上司や古い人からなんと言われるか。

社会人たるもの新聞は常識!
新聞読まないようでは出世はできん!

なんて言われそうです。
自分は毎朝電車で、隣の人のスポーツ紙をこっそり覗いているだけのくせに。

お得の情報源、チラシ

近所のスーパーのチラシがなくなりますが、ネットチラシも見慣れれば問題ありません。

特別食べたいわけでもないのに、チラシの特売見ると買わずにいられなくなること、ありますよね。
あ、このチョコ安い。普段こんな値段じゃ買えないよ。なんて。

チラシ見なければ、そのチョコの名前すら忘れていたのに。

情報難民のおびえ

新聞読まないと、会社に行っても話題についていけないんじゃないか。なんて、ビクビクしていませんか。

昨日会社で、新聞の記事が話題になりましたか。
最後に新聞記事の話をしたのはいつですか。

問題なさそうですね。
その程度の情報は、スマホで十分です。むしろ、スマホの方が最新情報だったりします。

寒い?

昔、真冬に単車に乗るときには、革ジャンの中に新聞紙1日分挟んでいました。
お腹がとても暖かいんです。

メリット

家計の節約になります

新聞代、結構ばかになりません。毎月5,000円くらいかかります。毎日にすると150円くらい。150円分、読んでますか。

テレビ欄だけしか見ない人、テレビ画面で見られます。チラシと一緒です、見づらいのは最初だけです。

時間、義務からの解放

毎朝届く新聞、読まないといけないような、変な義務感に支配されていませんか。

10分しか読まないなら、そもそも新聞を取る価値はありませんし、全部読もうとしたら何時間もかかります。

また、読めなかった日があると、それも読まないと、なんか気が済まない。昨日の新聞なんてすでに、新聞ではなく古聞になっているのに。

他のことに有効に時間を使いましょう。たまにはお嬢さんに話しかけてみるとか。あ、やっぱりやめたほうがいいかも。


新聞回収、処分

次の回収日まで、とても邪魔です。狭い家ですから。そして重たい。ビニール紐で結わくと、運ぶ際に指がちぎれそうです。

新聞の代わりに

言うまでもなく、情報は巷に溢れています。スマホで手軽にゲットできます。自分で検索してもいいですし、ツイッターでは色んな人が勝手に教えてくれます。

初めてハリー・ポッターを読んだとき、そして観たとき、写真が動く新聞に感動しましたが、スマホのほうが上ですね。
動くうえに、カラーです

ナツ亀