natsunoumigame's

片付けをメインテーマに、くらしやお金のヒントを語ります。

買い置きのトイレットペーパーが邪魔にならないストック方法

片付けをテーマにした記事を書いている筆者に取ってのジレンマの一つが、買い置き。例えば表題にもなっているトイレットペーパー。

誰が言い出したのか、トイレットペーパーがなくなると言うデマ。まだ記憶に新しいですね。何の根拠もない全くの嘘でしたが、実際店頭からはトイレットペーパーが消えました。嘘が現実になるのを目の当たりにしました。

個人差はあれ、なくなったらどうしても困る、と言うほどのモノではないかもしれませんが、あった方がいいですよね、トイレットペーパー。新聞紙ではちょっと固いですし。

普通に考えれば、ストックが少なくなったら買いに行けばいいのですが、近くにスーパーや薬局がなく、わざわざ買いに行かなければならない環境の人にとっては億劫です。車が使えるのは週末だけど、水曜日まで持つかしら?なんて時は困ります。大体12ロール入りとか18ロール入りとかですので、買って帰るにはちょっとお荷物です。
amazonや近隣のネットスーパーで買ってもいいのですが、どうしても送料がもったいない。

なんだかんだ考えていますと、やはり、ある程度は買い置きがあった方が、いい。
でも、邪魔なんです。トイレットペーパー。
ちょっとネットを覗きますと、便利なストッカーが売られています。謳い文句は「邪魔にならない」「省スペース」などなど。

しかし!

片付け断捨離ミニマリストを心掛ける筆者に取って、新たに非消耗品を買うのには抵抗があります。

ではどうする。

導き出された答えはコレ。
2倍巻のスコッティ。

ほぼ同じサイズで2倍の長さが巻かれたトイレットペーパーが売られているんです。1.5倍巻のクリネックスや、3倍巻のスコッティ、エリエールもあります。3倍巻を買えば、今までの買い置き12ロール分のスペースで、36ロール分がストック出来ます。または、4ロール分の棚があれば、12ロール置いてあるのと同じです。
買い置きをし忘れていても、最後の1ロールで3ロール分持ちます。
これ、買いですよね。

他にもあります。
似たようなモノですと2倍巻のキッチンペーパー。ボックスティシューも随分と薄型小型のモノが出回っています。最近では、コマーシャルでビックリしたのですが、ナント、今まではほとんど水だった、と言う液体洗濯洗剤。まあ、水は水道から出てくるのですから、水なしでお願いしたいですね。ファストフードで、「氷少なめで」と言いたいのと同じ感覚。水が少なくなった分、パッケージが小さくなっているハズです。
薄くても暖かいヒートテックなども、タンスやクローゼットの省スペースに貢献します。

メーカーやブランドに拘りがなければ、日用品や衣料品で無駄なスペースを少なく出来ます。