natsunoumigame's

片付けをメインテーマに、くらしやお金のヒントを語ります。

貰った紙のおしぼりが気づくと乾いてるお話

もったいないからと使わないでいると、気付くといつも乾いてる。結局無駄にしてしまう。そんな経験、ありませんか。

今日の話題は、ビニールに入った小さなおしぼり。おてふきって言うこともあるようですが。
おしぼりと言うと、絞るイメージからか、喫茶店で出てくるようなタオルのおしぼりを思い浮かべます。
おてふきと言うと、旅館の朝食に出る、あじのりのような袋に入った紙のものを思い浮かべます。ようは、一枚入りのウェットティッシュ。

なので今日は、正しい言い方なのかどうかは別としまして、おてふきと言います。

お弁当を買うと付いていたり、お店の方が付けてくれたり。最近では貰える機会が増えました。

廻るお寿司屋さんに行きますと、自由に幾つでも貰えますが、持って帰っちゃダメですよ。お店の中で使う分だけ貰いましょう。どうしても持ち帰りたいのでしたら、お店の方にお願いしてからにしましょう。

ちょっと脱線しました。
本題は、そのおしぼり、いや、おてふきが、いつも乾いていると言うお話。

出先ですぐに手を洗うことが出来ない時、バッグにあると便利ですよね、ウェットティッシュ。でも、毎日使うわけでもないので、敢えて買うことはあまりありません。

そこで登場するのが、どこかで貰った紙のおてふき。貰った時に使わなかった場合、捨ててしまわずに取っておきませんか、もったいないし。

カバンに忍ばせておけば、手を拭きたいとき、テーブルが汚れているとき、スマホの汚れが気になるとき、何かと便利です。

そこで取っておくんですね、人は。捨てずに。いつか使うだろう。そんな心理で。
節約家?貧乏性?小市民?

でも、使うことなんて滅多にないんですね、実際は。貰うから取っておくだけで、わざわざ買わない人は、必要ないから買わないんですから、取っておいても使う機会なんてそうそうないんです。

そのうち貰ったことすら忘れ、バッグの小さなポケットに2つ3つ溜まってから思い出す。「あ、こんなところにおてふき」
いつからあるのかなんて絶対に思い出せない。下手したら、3年くらいあったかも。試しに開けてみると…、乾いてる。これは。こっちは。全部乾いてる。結局何の役にも立たず、そこではじめてゴミ箱に。

大して重たいモノではないですが、毎日無駄なモノを運んでいたことになります。

一事が万事。こんなことの積み重ねなんですね、家がなかなか片付かない人って。小さなものでも集まれば、かなりの邪魔者になります。

おてふきをくれる人は、お弁当を買ったときや飲食店に入ったときなど、必要と思われる場面で付けてくれるわけで、その時使わなければ、十中八九使いません。はなから貰わないか、貰ったらせっかくですからその場で使いましょう。有効に使わなければエコじゃない、ただのゴミです。

さっき駅弁を買った時に貰ったおてふきがここにあります。使いませんでした。
何かの時に便利だから取っておこっと。
気が付いたときにはどうせまた乾いているかもしれませんが、貧乏性の筆者はきっとこう言います。
「濡らしたら使えるな」